HOME>トピックス>映像と音声が持つ強みを活かしてWEBマーケティングを行う

若者に自社製品やサービスをPRできる

通話する女性

WEBマーケティング戦略に、ネット動画を採用する目的と言えば、若年層へのアピールに繋がる点です。今や若年層の大多数がスマホやPCを日常的に活用しています。興味がある物やサービスを探す際は、ネット検索よりもネット動画サイトで情報収集する、こういった動きも活発化して来ました。WEBマーケティング戦略の一環として大手ネット動画サイトを活用し、そこに自社のオリジナルコンテンツをアップロードする事は良い広報活動となります。動画制作に掛かる費用はリーズナブルになってきており、大手企業はもちろんマーケティングに膨大な資金を充てられない中小企業も採用し易いWEBマーケティング戦略です。

映像と音声で感覚的にアピールできる

仕事

ネット動画をマーケティング活動に採用するメリットとして、よく挙げられるのが感覚的に情報伝達が出来る点です。文字や画像も工夫次第でユーザーに、多くの情報を伝えられます。一方でネット動画なら、映像や音声などをフル活用できます。いわゆるテレビショッピングのようなコンテンツを制作してネット公開をすれば、不特定多数のネットユーザーに向けて自社製品の良さを直感的に伝えられます。言葉では表しにくい事柄も映像や音声なら、分かりやすく伝えられますし、新機能を搭載した新製品などは論より証拠、実際に使う様子を動画にして公開した方がそのインパクトや利点が簡単に伝わり、良い販促活動となり得るでしょう。

広告募集中